リング

婚約指輪は昔から定番のソリティアタイプの人気が根強い

ハワイ発祥の結婚指輪とは

指輪

女性に人気がある

ハワイアンジュエリーは、結婚指輪に用いるカップルが増えているので注目されています。特に女性から注目されており、女性側がハワイアンジュエリーにしたいと言う場合が多いようです。ハワイアンジュエリーはその名の通りハワイ発祥のジュエリーで、もともとは家族代々受け継がれる指輪であったとされます。受け継がれる時は子どもが大きくなった頃ですが、ジュエリー自体は子が産まれた時に作ります。子に贈るジュエリーは子の名前を入れたバングルですが、現代の結婚指輪に於いては職人が全てを手作りで制作します。世界中でそのカップルだけの指輪になるので、結婚指輪に向きます。温かい伝承・ハワイの温和なイメージ・カップルのために手作りされた特別感から、婚約指輪をハワイアンジュエリーにしたいと思う女性が多いようです。

ゴールドの種類が豊富

ハワイアンジュエリーの素材ではプラチナかゴールドが主となっていますが、ゴールドは色の種類が豊富です。一般的なゴールドだけでなく、ピンクゴールド・ホワイトゴールド・イエローゴールドなどカラフルなバリエーションです。日本の結婚指輪や婚約指輪といったエンゲージリングはプラチナが定番ですが、ヨーロッパではゴールドが定番なので好みに合わせると良いと思います。ピンクゴールドは女性に好まれる色合いなので、可愛らしい印象を与えます。男性側だけでハワイアンジュエリーのオーダーをする場合は、女性側の好みを聞いておくと素材選びがスムーズになります。また、ゴールドはプラチナより硬度が高いので傷がつきにくいとされています。プラチナはアレルギーが出る可能性が低いことや錆の心配がなく管理が楽なので、定番とされています。